main

アラフォーは性の転換期 ~素敵なセックスのために学ぶ性のメカニズム

男性は40才を過ぎるころになると、身体の老化を意識し始めます。体力が落ちて疲れやすくなったと感じたり、「四十肩」といわれるような関節などの痛みを覚えたり。階段を上ると息切れするようになり、夜遅い時間まで飲むと翌日にひどく疲れたり。物覚えが悪くなったり、度忘れが増えたり。まだまだ若いはずなのに、身体は老化を始めた気がしてしまいます。

40才ころを境に、体は確実に、ゆっくりと変わり始めます。孔子の言う「不惑の歳」は男性の体の大きな転換期。性にも変化が起こります。これまで自分の体や女性の体について、あまりきちんと学んでこなかった人は、この機会に勉強してみませんか?男と女の体は性的な面でどう違うのか。どうして快感が生まれるのか。女性はどうすると感じるのか。

体のメカニズムを知れば、40才からの性の転換期を上手に乗り越えられるはずです。

中年期に変わるセックス

髪が薄くなった、白髪が増えた、小さなことに妙に腹が立ってしまう、なぜかイライラする。何となく元気がでない、なんとなくやる気がでない、と身体と心の変化を感じるころに、性の変化に気がつくことがあります。若いころには無性にしたかったのに、性欲が弱くなった気がしてきます。セックスが面倒になる、考えてみると「朝立ち」しなくなっていた、セックスの最中にちゃんと勃起しない、挿入したのに途中で「中折れ」してしまった…。

妻とするのが苦しくなった、妻とする気が起きない。前戯がめんどうくさい。避妊がめんどうくさい。射精しても前ほど気持ちよくなくなってしまった。マスターベーションの方が気楽で気持ちいい。でも、やっぱりセックスをしたい。気持ちよくしたい。何とかしたい…。こうしたジレンマを抱えるアラフォー男性は少なくありません。

妻とのセックスもマンネリ化し、妻の方も体を求めてこなくなったりもします。セックスはしないのに、お互いパートナーに隠れてマスターベーションはしている、というようなこともあります

セックスの仕組みを理解しましょう

自分の体の変化や、セックスの変質を理解できないのは、そもそも性の知識が不足していることも大きな要因です。性欲がどのような仕組みで生じるのか、性感帯とはなにか?、男性と女性とは性行為における感じ方がどう違うのか。EDはどんな仕組みでなるのか、セックスレスはどうして起こるのか、どう解消するのか。

性にまつわる基本的な知識を身に着けることで、自分のセックスを考え直すきっかけになるはず。アラフォーの性的迷いを乗り越えましょう。

アラフォーから始まる心と体の変化を乗り越え、より高いレベルのセックスを目指すために、まずは基本的知識をマスターしましょう。

おすすめ記事

モノのサイズを気にするのは小物!?

元気に活躍する精子をつくるために

知っておきたい性の常識