HOME HOME  >  妊娠と不妊の問題  >  不妊症が増えているわけ

男性が原因の不妊とは?

出産年齢の高齢化などで不妊に悩む女性が増えています。「不妊」と聞いて「女性側に原因がある」と決めつける男性もいますが、男性が原因で不妊に苦しむことも多いでしょう。しかし女性は、「不妊の原因は自分にある」と悩みを抱え込んでしまうことも多く、男性による精神的なサポートも欠かせません。

そんな不妊について理解を深めるためにも、「男性に原因がある場合」を紹介していきます。

セックスの回数が減るので

女性が子供を産みたいと思えば、当然ですがセックスをする必要があります。しかしアラフォーになってくると男性の性欲も一気に衰えはじめ、そもそもセックスをする回数が減ってしまうことになります。これでは不妊治療を受けても意味がないため、自分好みのセックスをするなどして対処してください。

また40代でEDを発症される方もおられますが、ぜひ通院治療で対処しておきましょう。今ではバイアグラなどの高い効果を持った治療薬もありますし、専門医に処方してもらえばネット通販で出回っているような偽物を掴まされる心配もありませんから、安心です。

精子の数が減るのがアラフォー世代

男性は40歳を過ぎたあたりから、精液に含まれる精子の数も減少していきます。これが妊娠の成功率を下げることになり、体外受精などの方法を選択されるご夫婦もおられます。ここでもポイントになるのは「40歳」です。ヨーロッパで不妊治療に取り組む2000組のカップルを調査したところ、同じ30代の女性でもパートナーが30代or40代で、妊娠の成功率に大きな違いが出ることが分かっています。

さらにもう1つ、加齢とともに低下するのは精子の数だけではなく、「精子の質」も低下します。精子のDNAの欠陥が多くなり、遺伝性疾患や自閉症、双極性障害(躁うつ病)を持った子供が生まれるリスクも上昇するという話もあります。

やはり、男性にとって「40歳」のアラフォーこそ、性の転換期、あるいは分岐点と言えるのではないでしょうか。

男性も不妊治療に協力する!

不妊治療は、女性にとって心身ともに大きな負担を伴います。上記で紹介した原因はあくまで一例ですが、男性に原因がある可能性もしっかり理解して、治療をパートナーに丸投げするのは止めておきましょう。

特に女性は精神的に落ち込む方が多いため、体だけでなく、心のケアもしっかりするようにしてください。当たり前のことですが、不妊治療は夫婦そろって取り組むものだと考えることが大切です。

いかがでしょうか?加齢とともに精子の量や質が低下して、さらにセックスをする回数も減る。妊娠しにくいのも当然と言えるでしょう。

しかしアラフォーでのEDに関しては、生活習慣の改善、ストレスを発散できる趣味を持つ、あるいは専門医の治療を受けることで大きく改善することが可能です。「気が乗らない…」と考えるのではなく、自ら進んで行動を起こすことが大切と言えます。

参考サイト:
http://diamond.jp/articles/-/5352?page=2