HOME HOME  >  セックスについての諸問題  >  風俗におぼれすぎない

コンドームを付ける付けないの問題

セックスをしてムードが高まったぐらいのとき、どうしても頭をよぎる問題があります。それはコンドームを付けるか付けないかという問題ですね。実際は避妊目的で多くの人が付けていることでしょう。しかし、中には面倒だとか付けると満足度が下がるという理由だけで、付けない人もいるのです。妊娠しても問題無い状況でない限りは、きちんとコンドームを付けましょう。

ムードが高まったころに問題となる

セックスをして、さあこれから挿入というときに問題になるのがコンドームを付けるか付けないかということです。ムードが一番高まったとき、コンドームの袋を開けて男性がいそいそと準備をすると、どうしても間が空いてしまいます。なんとなく気まずくなったり、女性が現実にかえってしまったりで、何とも言えない気持ちになりますよね。

最初から付ければいいのでは、と思っても、十分に勃起していないうちに付けたコンドームは外れやすく、また付けにくくもあるので実質不可能です。最初から用意ができないという点では、面倒な方法ではあるのです。男性も、いつ付けるかどうかタイミングを見計らって付けているので本当の意味でセックスに集中できないとも言えます。

しかし、タイミングとしては挿入前、と決まっているのですから指定どおりにしなければいけないわけで、男性としてもいそいそと付ける、ということになるのです。女性はその間じっと待っているのですが、この待っている間が嫌だという意見もちらほら聞きます。できれば、セックスは間が空かない方が、お互いいいに決まっています。

男性は本当は付けたくないもの

男性としては、コンドームを付けるのは面倒だし、感度が落ちるし、何もいいことはありません。コンドームを付けたセックスは、何となく違う、と思っている人もいます。やはり女性との一体感を薄い膜であっても阻害されていると感じるからでしょう。

そのため、できればコンドームは付けたくないのです。男性の中には、単に嫌いという理由だけでコンドームを付けることを拒否する人もいます。そうなると、ほかの避妊方法を選ぶしかありませんが、現在のところ男性側でできる方法としてはコンドームよりも確実な方法は無い、というのが現状でしょう。

女性が妊娠したくないなら付けるべき

しかし、女性が妊娠したくない、妊娠しても子ども育てるつもりはない、というのならコンドームを付けるべきです。望まない妊娠で最も負担が掛かるのは、女性です。女性は妊娠すると産むか産まないかの選択を迫られます。中絶するにしても、出産するにしても人生が大きく変わるでしょう。

相手の女性を愛しているのなら、男性としてコンドームを付けたセックスをするのは当然です。子どもがほしい夫婦やカップル以外は、きちんとコンドームを付けて避妊しましょう。うっかり妊娠した、だけでは済みませんからね。あのとき付けていれば良かったのに、と後悔しても遅いのです。

まとめ

コンドームを付けるか付けないかという問題は、案外根深いものです。女性からすれば、妊娠は困るけど言いだしてムードが壊れることを恐れます。男性も妊娠は怖いのですが、面倒くささと快感が減ることから、付けたくないと思ってしまうのです。しかし、付けなかったために妊娠して慌てる、というケースが後を絶たないことを考えれば、付けるべきでしょう。