HOME HOME  >  セックスについての諸問題  >  風俗におぼれすぎない

セックスの持続力が無いのは年齢のせい?

中高年になって、若いころのようにセックスが長続きできなくなったと感じている人もいるでしょう。アラフォーともなると、体力の低下は否定できませんからね。セックスは、体力勝負のところがあるのも事実です。若いころのように無理が利かなくなってくるのも、仕方が無いと言えます。でも、嘆いているばかりでは現状は改善しません。筋トレや食事改善も含め、対策しましょう。

アラフォーは体力が衰えてくるころ

若いころを過ぎ、アラフォーになると自分の体力の衰えをひしひしと感じるようになります。ちょっとしたことで疲れやすくなったり、だるくて起き上がることができなかったりするともう若くないなと思うのです。実際、アラフォーは更年期の始まりであり、体力がどんどん落ちてくる年代でもあります。息切れしやすくなったり、寝込みがちになったり、朝起きれなくなったりなど、何かしら出てくることでしょう。

当然ながら、セックスにもふとした瞬間に衰えを感じるでしょう。今までは、もっとセックスの持続力があったはずなのに持たなくなった、長時間のセックスは辛くなったといった感じですね。若いころはひと晩何回もできたのに、今は1回だけで精一杯という人も多いはずです。

体力の衰えと精力の衰えは、比例しています。体力が衰えれば、精力も衰えを見せるのは当然なのです。まずは、自分の現実をきちんと認めましょう。現状を改善するためにも、現実を受け入れることが大切です。そして、持続力をアップしたいのなら、何かしら方法はあるのであきらめないことです。

筋トレや食事で改善を

体力が衰えている人は、総じて筋力がありません。筋肉量も少なく筋力が衰えた状態では、しんどくなるのも当たり前です。少しずつでもいいので、筋トレをおすすめします。大きな筋肉を鍛えるようにすると、効果的です。たとえば、腹筋・大腿二頭筋・背筋などですね。

また基礎体力を付けたいのなら、ウォーキングをするといいでしょう。ウォーキングは心臓や膝に負担が掛かりにくい運動です。夫婦2人でもしやすいので、ぜひ試してみてください。無理をしない程度に続ければ、いつの間にか体力が付いて持続力も伸びますよ。

年齢のせいにするのは甘えでしかない

年齢が上がれば持続力が無くなるのは、当然のことです。現状を受け入れて、このままでいいというのならそれでもいいでしょう。しかし、年齢のせいにして仕方が無いからとあきらめるのは甘えでしかないとも言えます。今のうちに筋トレや体力作りを始めれば、十分に回復することも可能です。

まずは、自分の肉体改造を行いましょう。結果が伴ってくると、やる気も出てきます。すると、毎日活力が湧いてきてセックスにもよい影響が出てくるはずです。もしかしたら、バイアグラ無しでも最後までまっとうできるかもしれません。筋トレと体力作りで、持続力の回復に努力してみましょう。

まとめ

中高年になると、どうしても体力の衰えを感じることが多くなるのも事実です。セックスにかんしても、若いころと比べて持たなくなったと感じる男性も増えてくるはずです。体力も筋力も、何もしないままでは落ちていく一方ですからね。でも、ただ嘆いているだけではいけません。持続力を復活させたいのなら、筋トレや食事改善など、さまざまな努力が必要です。必ず成果につながりますよ。