HOME HOME  >  セックスについての諸問題  >  女性の心を抱く

女性の心を抱くセックスをしよう!

ほとんどの男性は、10代の頃にアダルト動画でセックスを覚えます。そして動画の中で行われているセックスこそ、「本当のセックス」と思ってしまいます。しかし、そのような刺激的なセックスを女性が求めているとは限りません。刺激的で激しいセックスをいつまでも好む女性は、皆さんが想像される以上に少ないと言えます。

また、年齢と共に刺激的で激しいセックスは難しくなってきます。性欲が減退することも要因ですが、体力や勃起力の低下も関係しているでしょう。

だからこそ、40代になれば「女性の心を抱くセックス」に変化させてはいかがでしょうか?

体を抱くセックスとは?

セックスには2種類あり、「体を抱くセックス」と「心を抱くセックス」の違いを理解しなければいけません。体を抱くセックスとは、いわゆるアダルト動画の中で行われる行為であり、「潮を吹くのが最高のセックス」「ガンガン激しく突くセックスこそ本物」という考え方です。

しかし女性は、年齢と共に体を抱かれるセックスを敬遠するようになっていきます。40代前半で爆発的に性欲が開花する女性もいますが、たいていは「子供が起きているので嫌だ」「疲れているのでゆっくり寝かしてほしい」という事情を優先するようになっていきます。

そんな時に体を抱くセックスを求めても、女性は受け入れてくれないかもしれません。では、40代の女性が好む「心を抱かれるセックス」とはどのようなものでしょうか?

心を抱かれるセックスとは?

40代の女性、特に専業主婦の場合、子育てや家事などで忙しくしていても、孤独感を抱くことが多くなっていきます。「自分は家族に必要とされているのか?」「悩みがあるけど相談できる相手がいない」「私は家族にとって、都合の良い家政婦なのか?」など、このような孤独感を覚える瞬間が多くなると考えてください。

孤独感は心に穴を開けます。心を抱くセックスとは、そんな穴を閉じてあげるようなセックスだと考えましょう。つまり「お前が好きだ」「お前が必要だ」「お前には感謝している」が伝わるような、そんなセックスを40代になって好きになる女性が多いと言えます。

では具体的に、どんなセックスなのでしょうか?

まず前戯ですが、激しいテクニックは必要ありません。「潮を吹かせる」など論外です。前戯でのポイントは「言葉を交わす」ことです。「愛している」「好きだよ」「いつまでもキレイでいてね」など、そっと囁くように言ってあげてください。これだけでも女性の心は満たされやすいと言えます。

挿入時のポイントは、「お互いの顔が見える」ことと「体をできるだけ密着させる」ことです。お互い嫌でなければキスも積極的にしましょう。また、激しいピストンは必要ありません。「激しくしないと女性はイカない」と考えている男性も多いですが、それは大きな間違いです。心が満たされるセックスでは、優しいピストンでも女性をオーガズムに導くことは十分に可能です。

40代男性の体の変化は、ずばり「衰え」です。しかし心を抱くセックスに関しては、むしろ衰えた方が上手に出来ると言えます。激しい刺激を求めるセックスは若い人たちに任せて、40代は40代にしか出来ないセックスを目指しましょう!