HOME HOME  >  感じるってどういうこと?  >  感性感帯ってどこ?

性感帯ってどこ?

性感帯ってどこ?

触れられると性的な快感を覚えるところを性感帯といいます。性感帯は性行為においてとても大切な場所で、特に女性がオーガズムを得やすくするためには、性感帯への刺激が必要です。 女性がセックスで感じるかどうかは、ペニスの長さや太さではなく、前戯における性感帯への刺激の多さ、長さによって決まることが多いです。

性感帯には2種類あって、性器そのものと、性器以外の敏感なエリアです。

性感帯とはどこか?

性感帯のひとつは性器です。性器とは、女性の場合は膣内、クリトリス、小陰唇、大陰唇、乳房や乳首のことで、男性の場合にはペニスや陰のう(睾丸)などです。 性器は多くの人にとって性感帯ですが、個人差もあり、中には例えば「大陰唇は感じない」「睾丸は感じない」という人もいます。性器以外の性感帯は、個人差がもっと大きいです。

性器以外で性的興奮をえやすい場所としては、唇や肛門、耳や鼻、などの「穴」のあいているところ、お尻、脇の下、性器の周りの皮膚、手足の指や指の間、足の裏、背中、首などがあります。 これには個人差が非常に大きく、触られるとくすぐったいとしか感じない人や、全く何も感じない人、不快に感じる人などもいます。また、相手によって変わる場合もあれば、 経験によって新たに性感帯が増えるということもあります。

ペニスやクリトリスは最も性的刺激を強く感じるところで、ここへの刺激だけでオーガズムに達することもあります。

性感を感知する器官

人間には性的刺激のみを感知する感覚器官はなく、触覚器官で感知した感覚が性的刺激に変えられていると考えられます。皮膚にある「圧覚」を感じる「パチニ小体」という受容器が、 性的刺激を受容していると言われており、全身に分布しています。そのため、皮膚全体が性感帯となり得ることになりますが、感じ方や感じる場所は個人的な差が大きいです。

例えば、クリトリスやその周辺への愛撫で感じるという人は、3人に2人くらいとも言われています。意外と多くはありません。男性でも胸が感じるという人もいますし、 指の間が感じるという人も、脇の下が感じるという人もいます。また、「恥ずかしい」という気持ちが強いと感じにくくなることもあり、女性の場合には、 膣やクリトリスを見られたり触れられたりすること自体が恥ずかしくて、感じられないということもあるようです。

ムードを盛り上げ愛情を伝えることも、性感帯を「活かす」ためには必要なのでしょう。

性感帯には、性器周辺と性器以外の全身の2種類があります。どこが性感帯なのか、どうされると感じるのかなど個人差も大きいので、愛し合うふたりが共同して探し当て、 広げていくことで愛も深まるでしょう。