HOME HOME  >  モノのサイズを気にするのは小物!?  >  エッチな気分が高まるしくみ

マッチョマンのモノは意外と小物!?

今や政治家にもなったアーノルド・シュワルツェネガーは、俳優になる前はオーストリアのボディビルダーでした。シュワルツェネガーは決して二枚目ではありませんが、その肉体美を活かしてタフな役柄に挑戦し、俳優として大成功をおさめます。肉体のたくましさから女性にもモテモテで、ケネディ元大統領の姪でテレビ・ジャーナリストだった美人のハートを射止め結婚しました。奥さん以外の女性とも浮気を重ね、隠し子まで作っていたことが発覚し離婚されてしまいましたが、今もなお、モテモテであることには変わりありません。

彼ほどに、とまではいかないまでも、たくましい肉体に憧れる男性は少なくありません。スポーツジムに通って筋肉を鍛える人も多いでしょう。筋肉隆々になって女性にもてたい、と考えるのは男性として理解できます。人によっては、筋肉を美しく早く成長させるために、筋肉増強剤を使っている人もいますが、それもうなずけます。しかし、ボディビルダーの多くはモノが小さいのです。体が大きいために小さく見えるのではありません。筋肉増強剤を使っていると、睾丸が小さくなるらしいのです。たくましいモノを期待してベッドインした女性たちは、それを見てギョッとすることもあるでしょう。

ボディビルダーの体には、男性ホルモンが少ない!?

ボディビルダーの多くが、筋肉増強剤としてアナボリックステロイドを使っていますが、これは男性ホルモンであるテストステロイドによく似た働きを持っています。よく似たものが体の外からたくさん入ってくれば、人間の脳は「もう十分あるから」と勘違いし、ホルモンを分泌するのをやめてしまいます。つまり、本当は男性ホルモンが体内に十分あるわけでもないのに、体が作るのをサボってしまうわけです。

そうすると、必然的に体内には男性ホルモンが不足がちになります。結果として、精子をつくることも休んでしまうために、精巣の中に精子が少なくなりなります。するとだんだん睾丸が小さくなるのです。胸板厚く、逆三角形の上半身、ポパイのようにたくましい二の腕、女性のウェストほどもある太い太もも。そうした、見事な肉体を持つ男性の股間に、さくらんぼほどの小さな睾丸がぶら下がっていては、あまり美しいとは言えません。やる気満々だった女性の気持ちも、覚めてしまうことだってあるでしょう。

子づくりに励むなら、気をつけましょう

アナボリックステロイドを使ってボディビルディングをしているときには、男性は睾丸が小さくなりがちです。精子が少なくなっているため、子づくりに支障をきたすおそれがあります。筋肉増強剤の使用をやめれば、数ヶ月から1年程度で元に戻りますが、それまでは子どもを望むことはできないかもしれません。

大きな体に小さなモノがぶら下がっているのはあまりカッコの良いものではありません。使用するときには注意が必要です。