HOME HOME  >  セックスしたら体は変わるの?  >  インサートで体はどう変わる?

インサートで体はどう変わる?

インサートで体はどう変わる?

性的興奮期には男性はペニスを勃起させます。女性は男性の愛撫により快感が高まって、性的興奮期から平坦期に入ります。平坦期には、 女性の膣口は充血してきつく締まり「オーガズム・プラットフォーム」を形成。男性器を受け入れ、しっかりと締め付けて射精しやすくし、子宮内を広げて精液をキャッチしやすくします。

膣内に分泌される粘液は潤滑油の働きをして、ペニスの挿入とピストン運動をスムーズにします。平坦期に十分性的興奮を感じることが、ピストン運動にもオーガズムにも大切です。

感じれば感じるほど良いセックス

男性は興奮期に勃起するとすぐにインサートできる状態になりますが、女性の方は興奮期にはまだ十分態勢が整っていません。愛撫により膣内が充分潤うと挿入可能となります。 膣内にペニスを挿入してピストン状に出し入れを繰り返すと、膣壁とペニスとの摩擦や締めつけにより、男子はオーガズムに達して射精します。膣の入口は巾着の口のように締まり、 男性器を締め付け、男性の快感を高めて射精しやすくしています。

女性の体も性的に高まれば高まるほど精子を受け入れ、オーガズムに達しやすくなります。子宮けい部が下に降り、精子を受け止める準備をします。男性も女性も興奮度が高いほど、 受胎の可能性が高まります。参考サイト→妊娠しやすいSEXは気持ちのいいSEX
肉体にとって良いセックスとは、男女双方がオーガズムに達することのできるセックスです。

女性が感じないと良いセックスにならない

男性は勃起さえすればインサートは可能です。その意味では、セックスは男性器に依存しています。ただ、女性が性的に十分興奮していない状態では、膣内の受け入れ態勢が整わないため、 挿入してもスムーズなピストン運動はできません。潤っていないため男性は快感を得にくく、女性は痛みを感じたり膣内が傷ついたりしてしまいます。

お互いが快感を得るためには、女性が十分に興奮して膣が粘液であふれて充分濡れた状態で、インサートしなければなりません。クリトリスが固くなり、外陰部が受け入れるように開くのが、 挿入可能の合図です。男性が女性を高めるためにする愛撫は、お互いの快感を高めるために必要で、かつ、挿入をスムーズにするためにも重要です。

セックスで重要なのは、お互いが十分興奮すること。男性の愛撫で女性が潤い、インサートを受け入れる態勢を整えることが大切です。それによってピストン運動で得られる互いの快感も高まり、 受胎の可能性も高まります。