HOME HOME  >  セックスしたら体は変わるの?  >  40代女性が浮気する理由

40代女性が浮気する理由は?

「あなたは妻を信じていますか?」との問いに、男性なら「うちの妻に限って浮気はしてませんよ♪」と軽く答えるでしょう。しかしあるコンドームメーカーが行った調査によると、夫以外に体の関係がある男性を持つ女性の割合は何と20%を超えています。つまり5人に1人の女性が浮気をしていることになります。

そして面白いことに、浮気をしている女性の多くが40代、しかも40代前半に偏っています。なぜ40代前半なのか?そこにはアラフォーを迎えた女性の「体の変化」も大きく関係しています。

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンはたくさんありますが、その中でも代表的なのが「エストロゲン」でしょう。「恋愛ホルモン」と呼ばれることもありますが、これが分泌されると女性はより女性らしくなっていきます。若い女性の曲線美が美しいのも、男性に対してトキメキを感じるのも、エストロゲンが大きく関係しています。

しかし40代になると、次第にエストロゲンの分泌量が減ってきます。代わりに増えるのが「テストステロン」であり、これは男性ホルモンの一種です。40代になると、女性はより直線的な性格になります。いわゆる「おばさん化現象」ですが、これにより男性のような「直線的な性欲」も生まれます。しかも家庭がある場合は「家庭は壊したくない」との心理から、体の関係だけを求める女性の割合も多くなっていきます。

つまり、「後腐れのない関係」で浮気をする女性が多くなるのも40代前半の特徴と言えるでしょう。

体の変化への焦り

上記のように女性ホルモンが減っていき、代わりに男性ホルモンが出るようになると、女性らしい曲線美も失われ、いわゆる肥満体質のオバサンになっていきます。これが顕著に見られるのが40代前半ですが、この時の女性心理の中には「焦り」があることをご存知でしょうか?

徐々に失われていく「くびれ」や「ときめき」に対して、「女を楽しむなら最後のチャンスだ!」という心理が生まれてきます。いわば「このタイミングを逃せば後がない!」という焦りが、夫以外の男を求めるエネルギー源になっていると言えるでしょう。

40代前半は女性として最後の花を咲かせたい時期

上記のような理由から、40代前半の女性の浮気率が高いと言えます。閉経を前にして性欲は増加するものの、女性的魅力は徐々に失われていくこの時期、「このタイミングを逃せば後がない!」という焦り、しかも「家庭は壊したくない(体だけの関係を求める女性が多い)」となれば、外に肉体関係を求めてしまうのもわからないではありません。

夫がそんな妻の気持ちを察して、ひとりの女性として扱ってくれれば理想的なのですが、そんな気の利いた男性はごくわずかしかいないでしょう。欲求不満が溜まりに溜まって、つい魔が差してしまう…それがこの年代の女性が浮気する理由かもしれませんね。

年齢と共に衰えるのが男性の性欲なら、40代前半にピークを迎えやすいのは女性です。しかも恋愛感情による快感ではなく、純粋に体の快楽を求める女性が多いと言えます。もしあなたの妻がこの年代なら、それを理解して夜の営みに臨んでいただきたいと思います。