HOME HOME  >  元気に活躍する精子をつくるために  >  睾丸はブラブラさせるものです!?

睾丸はブラブラさせるものです!?

男性の急所といえば、睾丸です。何かの拍子にぶつけたり、人に蹴られたりすると、どんなに立派な体格で強い男性でも悲鳴を上げるもの。プロレスラーですら、「キンけり」されれば苦痛に顔をゆがめたり、マットの上で悶絶したりするほどです。睾丸は鍛えることができません。男性にとって、精子をつくる睾丸はとても大切なものです。だからこそ、衝撃に対して大きな痛みを感じるようにできているのでしょうけれど、それほど重要なものであれば、体内にあれば問題は起こりません。

ぶつけて傷んだりしないようにしまっておけばいいのに、どうしてぶら下がっているのでしょうか? それは、風通しを良くして冷やすためです。精子は熱に弱いため、体温よりも少し低めに保つ必要があります。だからブラブラしているのです。

睾丸をブラブラさせるためには、フンドシが一番!?

最近はブリーフをはく男性が増えていますが、睾丸にとってはあまり良いことではありません。そもそも、冷やす目的で体外にぶら下がっているのに、ブリーフでしっかり包んでしまっては、その効果が半減してしまいます。人の体温は36度前後に保たれていますが、精巣の機能を保つために理想的な温度は35度。体温よりも少し低めがいいのです。

ある程度風通しを良くするためには、ブリーフよりもトランクスがお勧めです。トランクスなら、中で睾丸がヒラヒラと揺れることもでき、温度を低めに保てます。ブリーフでは中が蒸れやすく熱がこもりがち。日本古来の下着であるフンドシならさらに良いでしょう。フンドシは男性機能を保つために、最適な構造をしています。

ブリーフをはいていると精子の数が減少する!?

イギリスのマンチェスター大学とシェフィールド大学の合同調査によると、パンツによって精子の数に差が出ることが明らかになったそうです。タイトなタイプの下着をつけている男性と、ゆったりとした下着の男性とで、精子の数を比べてみたところ、タイトな方が精子の数が少ないという結果となりました。ブリーフの方が股間がしっかりとまとまるため好む人も多いのでしょうけれど、ときどきはゆったりしたものに替えた方がよいかも知れません。

自宅の部屋で一人きりのときなどには、ノーパンで過ごすのもいいでしょう。時には股間を冷やして、睾丸をのびのびとさせてあげることも大切です。精子が元気なら生殖能力も高まり、性行為も充実するはずです。男らしく生きるためには、パンツ選びも重要なのです。

精子は熱に弱いために、睾丸を冷やす必要があります。そのためには、しっかりと包むタイプの下着よりも、ひらひらとルーズなタイプの下着をはいた方がベターです。その方が精子の数も多くなるという調査結果もあります。生殖能力に直接影響しますから、できればブリーフからトランクスにかえることをお勧めします。また、ときには下着を脱いで、睾丸を風にさらすのも良いでしょう。タマを大事に扱うことも、男らしさには必要です。