HOME HOME  >  モノのサイズを気にするのは小物!?  >  小さいと悩むのはナンセンス!?

モノが小さいと悩むのはナンセンス!?

女性をはべらせる飲食店などで、「俺のは大きいんだ」と自慢する男性がいますが、あまりカッコいいものではありません。「モノが大きい」ということをネタにして女性を口説こうとしているのでしょうけれど、ほとんどの女性が大きさにあまり関心がありません。「大きいと相手に快感を与えることができる」と信じているのは、テクニックのない男性ばかり。

小さなペニスであっても、女性器の中で躍動すれば、相手に「大きい」と感じさせられるものです。10センチほどのサイズのモノしか持たない男性でも、女性に「おへそまで届いていた」といわせることもできます。性行為において重要なのは、モノのサイズではなく、ていねいな愛撫と相手に対する愛情なのです。

「平均サイズ」のウソにダマされてはいけません

ネットによるアンケート調査などによって、「日本人の平均サイズ」が公表されていることがありますが、ほとんどすべてが、とてもいい加減なものです。調査によって結果にはばらつきがありますが、「15センチ」前後であることが多いようです。しかし、医師が実際に測定した調査では、12~13センチという結果がほとんどです。測定方法に誤りがあるか、自己申告が過大であるか、どちらかなのでしょう。

大きさの測定方法も、本来は脂肪の厚みの影響を避けるために、恥骨に強く物差しを当てて測るのですが、素人がそうした測り方をしているケースはめったにないでしょう。信用できないデータを見て、「自分のは小さい」と心配しても仕方がありません。

また、自分のものよりも他人のものの方が大きく見えやすいという、錯視の影響もあります。人のペニスは横から見ますが、自分のものは上から見ます。そのために、小さく見えてしまうのです。まれに、「陰毛を剃ったら大きくなった」という人がいますが、それは陰毛に隠れて見えなかった根元の部分が露出したために大きく見えるからです。

大きいといいことがあるわけでもありません

男性がサイズを気にするのは、大きいと精力がある、女性を悦ばせることができる、という勘違いがあるからでしょう。そうした思い込みは、ほとんど「都市伝説」といっても良いもので、まったく根拠がありません。アダルトビデオなどで女優が「大きい」と喜ぶ表情を見せたりすることもあるために、そう信じられやすいですが、実際に女優が喜んでいるわけではありません。ただの演技です。

セックスにおいてもっとも大切なのは、ていねいな前戯です。どんなに大きなモノでも、いきなり挿入すれば女性は痛がるだけ。愛撫をしっかりして十分感じさせれば、小さなモノでも挿入するだけで女性をイカセることもできます。大切なのは、愛情です。

男性はとかく大きさにこだわりがちですが、まったくナンセンスな思い込みです。女性を悦ばせるには、ペニスサイズではなくテクニックが必要です。愛情をこめた愛撫でしっかりと相手を満足させられるように努力をしましょう。